PGのサイドビジネスを考える

副業をしたいと思ったら読むサイト~心構えと知っておくべき事柄

正社員プログラマーが副業するときの心構え

公務員には副業禁止規定というものがあるので、基本的に本業以外でお金を稼ぐことはできません。ですが、民間企業で正社員のプログラマをしているだけであれば、そうした制限は特にありません。特別な契約をしているなら話は別ですが、普通は仕事以外の時間をどのように使うかは本人の自由です。仕事が終わってから寝るまでの数時間で、プログラマとしてのスキルを活かして副業をすることも可能です。今の時代はネットがあれば仕事を受けていくことができるので、細切れの時間を有効活用できることでしょう。ただ、あまりにも稼ぎ過ぎてしまうと確定申告に行かなければならない点には注意が必要です。20万円以上の稼ぎが出たときには確定申告が必要になるので知っておきましょう。

また、確定申告をすることになれば、会社に知られてしまうこともあります。知られても問題がない場合のみ、20万円以上稼ぐようにすべきです。もちろん、こうした副業は、本業の邪魔になってはいけません。体力的に厳しいなら仕事量をセーブしていくべきですし、無理な締め切りの仕事は受けないようにすることが大切です。サイドビジネスにハマってしまって失敗をするケースが後を絶たないので、気をつけておきましょう。いくらお金がもらえると言っても、正社員の待遇を失うリスクを犯してまでする必要はありません。派遣労働者が右肩上がりで増え続けている現代においては、正社員の待遇はそれほどまでに価値のあるものなのです。
こちらのサイト【プログラマこそ副業を】にも記載してあるように、本業に支障が出ない程度で副業をするのが鉄則だということを念頭においておくといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です