PGのサイドビジネスを考える

副業をしたいと思ったら読むサイト~心構えと知っておくべき事柄

守秘義務が伴うプログラマー副業の注意点

本業の仕事に余裕があるなら、副業を始めて収入を増やす選択が可能です。収入が増えれば生活水準が良くなったり、あるいは将来の安定のために貯金が増やせます。副業にはプログラマーの仕事を選ぶこともでき、空いた時間を利用してちょっとした収入を得られるのは魅力的です。

ただし、プログラミングの仕事を選ぶ際には、気を付けなければならないデメリットの部分もあります。ソフトウェア開発の仕事は、関係者に守秘義務が生じる場合が珍しくありません。携わっている仕事に関連する情報が漏れないよう、契約を結ぶ際に守秘義務を追う場合が多いです。もし守秘義務を破り、仕事上知り得た情報を外部に漏らしてしまうと、多額の違約金を支払わなければならない可能性も考えられます。そのため副業であるからといって、プログラマーの仕事を安易に考えるのは大きな問題です。

もし守秘義務を守れないと感じるのであれば、他の仕事を選ぶのも賢明な判断です。もしこの仕事を選択するのであれば、普段から油断することなく厳密に情報を管理する意識が欠かせません。仕事で知り得た情報は、意図的に外部に漏らすのはもちろんのこと、不可抗力で情報を漏洩させるのも問題があります。普段からプログラミングの仕事に関する資料などの管理は厳密に行い、情報を起こさない配慮が欠かせません。万が一に備えて資料のデジタルデータには暗号化を施すなどの情報セキュリティ対策も、守秘義務を守る上で大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です